2011年6月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:16 Jun 02 2011

台湾の問題食品・食品添加物 輸入を一時停止へ

 国家質量監督検験検疫総局(質検総局)の責任者が1日明らかにしたところによると、大陸部の消費者の健康を保証し、輸入食品や食品添加物および関連製品の品質の安全性を保障するため、同局はこのほど、台湾から輸入する食品、食品添加物、関連製品の検査と監督管理を強化するとの公告を出した。

 同公告によると、2011年6月1日から、台湾側が問題ありとして通報した製品のメーカーが生産したスポーツドリンク、ジュース、茶飲料、果物ジャム・果実シロップ、デンプン製品、食品添加物の輸入を一時停止する。輸入を許可された上記の台湾製品については、台湾側の資格を有する実験室が発行したフタル酸エステルを含有していないことを証明する検査報告書の提出が義務づけられる。提出できない場合は輸入を一時停止する。

 また出入境検査検疫機関により上記の製品にフタル酸エステルが含まれていることが確認された場合は、当該製品の輸入を禁じるとともに、生産したメーカーの関連製品の輸入も一時停止とする。

 質検総局は公式サイトで、輸入を一時停止する輸入食品・食品添加物のメーカーのリストを公表した。すでに公表されている昱伸香料有限公司(添加物を生産)、名牌食品株式有限公司(「悦氏」スポーツドリンクを生産)のほか、新たに賓漢香料化学有限公司、大湖草苺農場、伯思美国際実業有限公司、景岳生物科技株式有限公司、統一企業株式有限公司の名が挙げられた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年6月2日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古