2011年6月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:54 Jun 03 2011

日本の新車販売、5月は過去最低 地震前の3分の2

 日本新華僑報のサイトが伝えたところによると、3月11日に東日本大震災が発生し、日本の自動車部品の生産チェーンが断絶したことを受けて、日本では新車の生産台数が大幅に減少した。連鎖反応により、日本の自動車販売市場では5月の販売台数が前年同月比33%減少した。

 ある日本メディアの報道によると、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は1日、5月の新車販売台数に関する報告を発表した。それによると、5月の新車販売台数は23万7400台で、前年同月比33.4%減少し、新車販売台数は9カ月連続でマイナス成長となった。また33.4%という急激な減少率は1968年以来の記録を更新した。

 地震により生産が一時停止に追い込まれた各自動車メーカーは、4月中旬以降に相次いで生産を再開したが、約半月間のブランクにより生産台数が大幅に減少し、減少率はこれまでで最も大きい47.3%に達した。

 軽自動車を除く5月の新車販売台数は14万2200台で、同37.8%減少し、これまでで最も少なかった。一日当たりの新車販売台数をみると、5月は7482台で4月の5441台を上回った。5月の軽自動車販売台数は同25.4%減少の9万5200台で、8カ月連続で前年同月の業績を下回った。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年6月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古