2011年6月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:40 Jun 08 2011

子ども一人にいくらかかる? 月平均2648元

 広東省婦女連合会(婦連)が発表した「子ども一人にかかるお金は毎月2648元」との調査結果が大きな波紋を呼び、多くの「子どもの奴隷」たちがその苦しみを語り始めた。公開された育児の帳簿はどれも驚くものばかりだ。多くの子は4年間の幼稚園だけで約10万元かかり、小学校の費用は5万元以上が普通で、中学高校の課外補習費用は6年間で約10万元近くになる。子どもを産み育てる父親・母親は、子どもを産むことは「社長」を産むようなものだ、子どものために一生働かなくてはならないと嘆息する。1980年代生まれで子どものいない人は、こうした情況に恐れをなし、「子どもはいらない」と言い始めている。「羊城晩報」が伝えた。

 同婦連はこのたび、広州、仏山、韶関、楽昌、掲陽などの0-3歳の子どもがいる世帯を対象にサンプル調査を行った。すると子ども一人にかかる費用は月平均で2648.29元となった。教育費が大半を占め、毎月の支出は平均784.31元に上り、最高は2万元だった。

 ▽出費の第1段階:0歳から3歳まで

 広東省の子ども一人あたり平均支出は3年間で9万5千元--最大の支出項目は保母の経費

 0-3歳の子ども一人にかかる月平均費用の2648.29元で計算すると、3歳までにかかる費用は9万5千元を超える。インターネットでは多くの家長が「それくらいかかる」としている。

 だがこれほどの費用をかけても保母は雇えない。現在の市場価格で計算すると、住み込みで子連れの保母の経費は月約2300元で、パートの場合は月約1300元だ。手伝いの人を雇うと、ひと月の支出は3千元を下回ることはない。

 ▽出費の第2段階:幼稚園

 世帯収入の半分は子どもに--最大の支出項目は学費

 広東省では、幼稚園に入るのが難しく、費用もかかるのが一般的だ。省政府もこのほど就学前教育に関する今後10年間の発展綱領の2文書を発表した。「羊城晩報」の調査によると、広州の子どものほとんどが、2歳半になるとなんらかの教育機関に入るという。現在の就学前教育は義務教育の枠の外にあり、公立の幼稚園は極端に少なく、4年間の幼稚園教育が家族にとって重い負担となっている。多くの家長が、幼稚園の段階で子どもにかかる費用が世帯収入の約半分に達していると話す。

 ▽出費の第3段階:小学校

 小学校の費用の伸びはCPIの伸びを超える--最大の支出項目は学校選択費用

 9年間の義務教育になれば、育児コストが軽減されると考えてはならない。小学校の費用の伸びは、消費者物価指数(CPI)の伸びを年々上回るようになった。

 広州のある母親サイトには、多くの母親から最新の小学校費用の情報が寄せられている(確認作業は経ていない)。中山大学付属小学校は初年度に5万元、2年目以降は毎年1万2千元。旧部前小学校は8万元。華僑小学校と華陽小学校は7万元。西関実験小学校、環市西路小学校、曁南大学付属小学校、海珠区実験小学校は6万元。赤崗小学校、菩提路小学校は5万元、鉄一小学校、林鳳娥小学校、珠キ路小学校は4万元、金影小学校、海珠中路小学校は3万元、竜口西小学校、大徳路小学校は2万元。五一小学校は2万5千元。長征小学校は1万3千元などだ。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古