2011年6月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:36 Jun 08 2011

中国経済が減速すれば大口商品価格は50%下落

 米格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)は6月2日に発表したレポートで、中国の経済成長率が急速に低下すれば、世界の主要大口商品の価格は50--75%下落するとの予測を出した。

 アルミニウム価格は現在の1ポンドあたり1ドル20セントから65--70セントまで下がり、下げ幅は50%に達する。銅は現在の1ポンドあたり4ドル10セントから1ドル50セント--1ドル75セントまで下がり、下げ幅は75%に達する予想。

 中国人民大学経済学院の劉元春副院長は6日、中国経済の減速は現実となるが、急激に低下する可能性は非常に低いとの見方を示す。

 中国人民大学経済学院が発表した予測レポート『中国のマクロ経済分析と予測 (2010-2011)』で、中国のGDP伸び率は2011年に9.6%を維持するとされている。

 経済学者の謝国忠氏は 『毎日経済新聞』の取材に対し、「スタンダード&プアーズの見解が現実になる可能性もあるが、その確率は高くない。中国経済はソフトランディングになると見られ、世界大口商品市場が2008年のように動揺する可能性は非常に低い」と語った。

 謝国忠氏はまた、「中国経済の減速の大口商品への影響は、主に工業用金属に現れ、原油や貴金属への影響は大きくない」と述べた。

 これまでにも多くの国際投資銀行が中国経済の減速を予測している。

 ゴールドマン・サックスは2011年と2012年の中国のGDP成長率予想を従来の10%と9.5%からそれぞれ9.4%と9.2%に下方修正した。

 JPモルガン・チェースは5月末に発表したレポートで、中国経済は鈍化しており、今年第2四半期の中国のGDP伸び率は8.3%となり、第1四半期より0.5ポイント低下するとの見通しを示した。

 そのほか、ソシエテ・ジェネラル銀行もレポートの中で、偶然にしても必然にしても、中国の経済成長率が低下しているのは事実だとしている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2011年6月8日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古