2011年6月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:06 Jun 10 2011

外灘・新天地など名所が集まる「大黄浦区」誕生 上海

 「大浦東」と「大虹橋」に続き、上海にまた一つ大型エリアが誕生することになった。上海市市政府は8日、盧湾区・黄浦区両行政区の調整方案が国務院の認可を得たと明らかにした。両区は合併し、新たに黄浦区が設立される。合併関連手続きは現在進行中という。国際金融報が報じた。

 上海社会科学院部門経済研究所の楊建文所長はこれについて、「上海の浦西中心部の一部は、管轄地域が極めて小さく、発展が期限されており、もともとある区画は発展ニーズに対応することができなくなっている」と指摘した。「撤二併一(両区を撤廃して一区に統合すること)」は、都市機能の合理化に有益に働き、行政管理効率をアップする。また、別の専門家は、「浦西の心臓部である両区の合併によって、新しく世界レベルの中央商務エリア建設が促進され、浦江を隔てた対岸にある『大浦東』と共に良性な循環を形成することは、上海国際金融センター建設にとって大きな意義がある」との見方を示した。

 盧湾区は4月1日に、合併に備え財政を凍結させた。新しい「黄浦区」の誕生は7月に迫っている。

 ▽エンジン始動

 盧湾区と黄浦区の合併は、上海の長期発展に関わる一大事業だ。両区はいずれも、上海中心市街地の心臓部にある。黄浦区は面積12.49平方キロメートル。盧湾区は面積8.03平方キロメートル、人口90万9千人、黄浦区の西部にあり、黄浦江の向こうに浦東新区を臨む。

 2009年、浦東新区と南匯区の合併により、「大浦東」の建設が加速した。同年、「大虹橋」プロジェクトも始動した。「大虹橋」エリア構想は、虹橋中枢部から半径10キロメートル以内のビジネス産業区を対象としており、長寧区、閔行区、普陀区などがその範囲に入る。東の「大浦東」と西の「大虹橋」が、上海市政府による経済空間戦略で配置された「二大エンジン」だ。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古