2011年6月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:25 Jun 10 2011

大卒就職青書、3年で北京・上海・広州脱出が2割

 教育の質を調べる調査機関マイコス研究院が作成した大学生の就職に関する青書「2011年中国大学生就職報告」が9日、社会科学文献出版社により出版された。同青書によると、2010年の大学卒業生で卒業後半年時点での給料が最も高いのはフランス語専攻の学生、失業率が最も高いのは美術学専攻の学生だった。また卒業してから3年で北京市、上海市、広州市を脱出するとする卒業生が22.2%に上ったという。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 同青書によると、2010年の大学卒業生で、学部別に見ると、卒業後半年時点での月収入が最も高いのは経済学部の学生で、月収は3023元だった。次は工学部で月収は2953元。収入が最も低いのは教育学部の学生で、月収はわずか2491元だった。専攻別に見ると、卒業後半年時点での収入が最も高いのはフランス語専攻の学生で、平均月収は4556元と全国の大卒者平均の2851元を大幅に上回った。

 2010年の大卒者で卒業後半年時点での失業率が最も高いのは美術学専攻の学生で、15.6%に達した。次は音楽で15%。また高職高専(日本の高専に相当)の卒業生で卒業後半年時点での失業率が最も高い分野は臨床医学で30.7%に達し、次は法律事務で19.2%に達した。

 高職高専の各分野のうち、卒業後半年時点での収入が最も高いのは資源開発・測量で、月収は2586元だった。次は材料・エネルギー分野で月収は2432元。最も低いのは医薬衛生分野で月収は1713元だった。より細かい分類だと、航空機の客室乗務員の分野で学んだ卒業生が卒業後半年時点の収入が最も高く、月収は3844元に達して、全国の高職高専の平均月収の2142元を大きく上回った。

 同青書によると、2007年の卒業生で北京市、上海市、広州市の3都市で就職した人のうち、3年後に3都市から離れて別の地域で再就職した人は22.2%に上る。卒業後半年時点の月収が2千元以下の低所得層は3都市を離れる割合が最も高く、22%に達した。卒業後半年時点の月収が9千元を超える所得層も3都市を離れる割合が高く、20.9%に達した。

 同青書の指摘によると、2010年の大学・高職高専卒業生のうち34%が卒業から半年以内に離職しており、大学生では24%、高職高専生では44%に達した。主な原因は実際の仕事と仕事に対して期待していたこととのズレにあると考えられる。2007年の大学卒業生で3年間転職していない人の場合、最高月収は5436元だった。卒業後3年以内には転職を繰り返せば繰り返すほど月収は低くなる。ある専門家は、頻繁な転職は卒業生のこれからの職業生活の発展にマイナスだと警告する。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年6月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古