2011年6月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:51 Jun 10 2011

トヨタが業績予想発表:中国での生産は予想より早く再開

 トヨタ自動車は10日、2012年3月期(2011年4月-2012年3月)の連結業績予想を発表した。それによると、営業利益は前期比35.9%減の3千億円、売上高予想は前期比2.1%減の18兆6千億円と見込まれ、いずれも前期を下回った。

 トヨタ自動車(中国)広報部の劉鵬氏によると、トヨタの連結業績予想では米国会計基準を採用しているため、データには出資比率が50%以上の子会社しか含まれない。このため、トヨタの中国法人2社で生産される中国産トヨタ車のデータは含まれていないという。しかし、中国市場においてトヨタの輸入車が占める割合はほんのわずかだ。劉鵬氏は、「この報告は中国市場におけるトヨタの発展方向を示すものではない」と指摘する。

 トヨタの中国法人2社(一汽トヨタ、広汽トヨタ)は6月上旬より全面的にダブルシフトでの生産を再開している。劉鵬氏は、「震災の影響はある程度あったが、トヨタの生産再開は予想よりも早く、将来については楽観的に見ている。また、今年の中国での販売台数についても、当初の目標を達成できるよう協力パートナーとともに努力していく」と述べる。

 ▽生産再開、在庫補給は生産地に近いディーラーから

 震災後、トヨタを含む日本車メーカーは未曾有の危機に陥った。トヨタの中国における販売台数は3月、依然として8万4千万台という好成績を維持していたが、4月に入り、部品の供給システムが麻痺したことや、工場の生産停止などにより、トヨタ中国法人は直接的な影響を受けた。トヨタの中国における販売台数は4月には4万9千台に、5月は3万8千台にまで落ち込んだ。

 トヨタ自動車(中国)は5月11日、震災によりサプライチェーンに支障が出ているため、中国のすべての完成車工場・部品工場で生産調整を行うと発表。6月上旬以降は完成車工場で徐々に通常の生産レベルに復旧させるとした。

 全面的な生産再開の時期は確かに予想よりも早かった。一汽トヨタ広報部の馬春平総監は「一汽トヨタでは今週より震災前の生産レベルに復旧する」と述べる。一汽トヨタの自動車は主に天津で生産されるため、天津から近い北京、天津、河北などのディーラーではすぐに在庫が補給され、その他の省市に在庫がいきわたるのは6月中旬以降になるという。(編集SN)
 
 「人民網日本語版」2011年6月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古