2011年6月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:17 Jun 13 2011

京滬高速鉄道の八大特徴 乗車券410元から

 北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道の開通・運営記者会見が13日の午前9時に北京で開催された。鉄道部の胡亜東副部長が説明したところによると、同高速鉄道のプロジェクトは建設情況、調整テスト、運行テスト、人員の訓練育成など各方面の準備作業が基本的に完了し、第一次検査と安全評価に合格した。技術的な先進性、品質の信頼性、安全が保証されていること、開通運営の条件を完全に備えていることが認定され、今月末までに正式に開通して運営をスタートするという。

 京滬高速鉄道は中国が独自に建設した、里程標としての意味合いをもつプロジェクトであり、その明らかな特徴は次の8点に集約できる。

 (1)プロジェクト規模が国内最大

 京滬高速鉄道は、国の「四縦四横」の基幹高速鉄道網(南北に4本、東西に4本の基幹路線からなる高速鉄道網)の重要な構成要素であり、北京市、天津市、河北省、山東省、安徽省、江蘇省、上海市の7省市を横断し、「環渤海地域」と「長江デルタ地域」の二大経済圏を結ぶ。総延長は1318キロメートルで、線路の建設距離が世界で最も長い高速鉄道であり、中国建国以来の投資規模が最も大きい建設プロジェクトでもある。

 (2)技術水準が最高

 京滬高速鉄道の設計時速は350キロメートルで、初期段階の運営最高時速は300キロメートル。最小曲線半径、最大傾斜、レール中心間距離、トンネルの換気断面といった主要技術基準は、現在の世界の高速鉄道の中で最も高い。プロジェクト建設、高速車両、車両コントロール、旅客駅の建設、システム集積(システムインテグレーション)、運営の維持、環境保護基準などの技術分野では、一連の技術イノベーションを展開し、多くの重要なイノベーション成果を挙げており、中国高速鉄道技術のイノベーション成果の集大成といえる。また各種の技術指標はいずれも世界トップレベルに達している。

 (3)プロジェクトの質が一流

 一連のコントロール面での難題を克服し、プロジェクトの質の指標は世界トップレベルに達した。質をめぐる一次検査の合格率は100%だ。線路の基礎部分は安定し、線路の基礎工事完了後の沈降は最大2ミリメートルを超えておらず、橋梁の盛り土部分の沈降は1ミリメートル未満で、コントロール基準の15ミリメートルを大幅に下回っている。鉄道軌道の幾何学的状態の合格率は100%、優良率は98%。車体の水平方向の安定性と垂直方向の安定性の指標はいずれも優良だ。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古