2011年8月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:05 Aug 01 2011

新たな「震撼」もたらす京滬高速鉄道

 北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道がまもなく全線開通する。これは中国鉄道史上はもとより世界の鉄道史上における一大事件だ。ほかの高速鉄道、たとえば北京と天津を結ぶ京津高速鉄道、武漢と広州を結ぶ武広高速鉄道、鄭州と西安を結ぶ鄭西高速鉄道、上海と南京を結ぶ滬寧高速鉄道、上海と杭州を結ぶ滬杭高速鉄道などと比べると、京滬高速鉄道には他の鉄道にはない里程標という意義があり、われわれに新たな「震撼」をもたらすものだといえる。「人民日報」海外版が伝えた。

 このように述べる理由は次の通りだ。京滬高速鉄道は国の「四縦四横」の基幹高速鉄道網(南北に4本、東西に4本の基幹路線からなる高速鉄道網)の重要な構成要素であり、線路の建設距離が世界でもっとも長く、技術水準が世界で最も高い高速鉄道だ。北京市、天津市、河北省、山東省、安徽省、江蘇省、上海市の7省市を横断し、「環渤海地域」と「長江デルタ地域」の二大経済圏を結び、総延長は1318キロメートル、設計時速は350キロメートル、初期段階の運営最高時速は300キロメートル。京滬高速鉄道のプロジェクトには、設計水準が高く、建設規模が大きく、システム技術が最新で、コントロールの難点が多く、環境保護の要求が厳格であるといった特徴がある。

 京滬高速鉄道は中華民族が自身の力で建設した歴史的な記念碑だと自信をもって言える。この記念碑は全国国民の支援の結晶であり、十万人を超える建設関係者の血と知恵と汗の結晶であり、彼らの偉大な功績は歴史に永遠に刻まれる。


[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古