2011年6月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:45 Jun 14 2011

増殖する中国の摩天楼ビル 内に潜む問題点

 全国の超高層ビル愛好家と建築業界・メディア業界の関係者が作成した「摩天都市報告」がこのほど発表された。それによると、現在の中国にはオフィスビルとホテルだけで200軒を超える建設中の摩天楼ビルがあり、数の上では米国と肩を並べるという。また全国各地に300軒以上の建設計画があるといい、順調にいけば5年後にはビル数は800軒に達し、現在の米国の総軒数の4倍に達することになる。「人民日報」海外版が「羊城晩報」の報道として伝えた。

 この報道から強い懸念が感じられる。中国の摩天楼ビルは世界の「摩天学」発祥の地である米国の4倍に達する可能性がある。だが中国の経済力と米国の経済力とを比べると、その開きはあえて言うまでもない。中国ではビルの高層化競争が日に日に激化し、世界が驚きの目をもってみつめている。

 摩天楼ビルは世界各地にあり、経済力が高まったから建設されるとは一概に言えない。経済力では特筆するところのない都市、たとえば貴州省の貴陽市は今年、17軒が建設される計画だ。あまり名を知られていない都市、たとえば広西チワン族自治区の防城港市には今年、高さ528メートルの「アジア国際金融センター」が建設される予定で、完成すれば上海環球金融センターよりも高いビルになるという。これらは実に思いも寄らないケースであり、ここから中国の摩天楼ビルブームの背後には、無計画な発展が潜んでいることがわかる。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古