2011年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:03 Jun 15 2011

新疆に初の総合保税区を建設へ

 新疆ウイグル自治区ボルタラモンゴル自治州は13日に記者会見を開き、中国の陸路最大の口岸(出入国検査所)である阿拉山口口岸において、国務院の認可を経て総合保税区の建設を正式にスタートすることを明らかにした。同保税区は全国で16番目の総合保税区で、新疆では初となる。

 同自治州によると、保税区の総面積は5.6平方キロメートルで、建設工程管理とインフラ投資に8億円が投じられる予定。今年完成予定の第一期では2.96平方キロメートルを建設し、今年中に認可を受け運営を開始することを目指す。

 新疆西北部の阿拉山口口岸は、中国の対外開放の足がかりともなる。1990年6月に国務院がこの地の対外開放を認可して以来20年がたち、付近は大きく発展した。今では、鉄道、高速道路、送油パイプを備えた中国唯一の口岸となっている。2010年、阿拉山口口岸を通過した貨物量は2524万トンに達し、輸出入貿易額と税関税収はいずれも100億元を超えた。阿拉山口口岸の貨物量、輸出入貿易額、税関税収はそれぞれ、新疆全体の90%、69%、89%を占め、中国の陸路最大の口岸となっている。(編集KO)

 「人民網日本語版」2011年6月15日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古