2011年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:45 Jun 15 2011

青海経済に注目集まる 商談会の契約金額1502億元

 青海省西寧で6月10日から13日にかけ、「2011中国・青海緑色経済投資貿易商談会」が開催された。初期統計によると、同会におけるプロジェクト契約数は259件、契約額は1502億元に上った。「人民日報」海外版が伝えた。

 今回の商談会は、投資規模、参加人数、活動内容など多方面で過去の商談会を上回った。最も注目を集めたのは、新エネルギーや新材料関連で、契約数は42件、契約額は全契約額の34%にあたる512億元に達し、契約数、金額ともに前回に比べて大幅な伸びを見せた。一方、青海が主要産業としてきた重化学工業類の産業は、契約数が24件、契約額は全体の23%にあたる347億元にとどまり、前回よりも成果を下げた。(編集KO)

 「人民網日本語版」2011年6月15日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古