2011年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:11 Jun 15 2011

カナダ・米国などへの中国人投資移民者 昨年は6千人強

 北京では毎週末、大小様々な規模の「投資移民説明会」が行われ、毎回ほぼ満席の盛況となっている。説明会では、「50万ドルを投資して、一家で米国に移民しよう!」、「カナダへの投資移民はノーリスク。一括サポートします!」などの宣伝文句が繰り返し強調される。新京報が伝えた。

 ▽投資移民の申請者、中国人が世界最多

 各国の移民局のデータによると、投資を通じて海外移民する中国人の数は年々増加しており、昨年カナダ、米国、オーストラリアの移民ビザを取得した中国人は6千人を上回った。米国市民権・移民業務局(USCIS)のデータによると、2010年度、中国大陸からの投資移民申請者数は772人で世界最多となり、EB-5ビザ取得者の41%を占め、2位の韓国(295人)を大きく引き離した。ちなみに2009年には中国からの移民申請者数はさらに多く、1979人だった。

 カナダ市民権・移民省の責任者によると、カナダの投資移民の多くはアジア太平洋地域出身者だという。昨年、カナダの投資移民ビザを取得した中国人の数は投資移民全体の62.6%を占め、2020人に達した。同氏は、「投資家はカナダに初期投資額をもたらしただけでなく、貴重なビジネスネットワークももたらした。北米やその他の地域とのビジネス関係がますます緊密になり、経済発展を促進できる」と述べる。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古