2011年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:46 Jun 15 2011

スマートテレビ、中国の規格が国際化へ

 中国では今年上半期、「ネットワークテレビ・マルチメディア通信設備要求」、「ネットワークテレビ・マルチメディア通信機能要求」、「カラーテレビ情報化指数評価通用規範」などの業界標準が相次いで打ち出され、中国のテレビ業界はスマートテレビ・ネットワークテレビの標準規格面で世界をリードするようになった。

 国家広播電視産品質量監督検験センターの李剣・副総工程師は、「世界のスマートテレビは現在、ほぼ同じスタートラインに立っている。これは、中国のテレビメーカーにも大きな発展のチャンスがあることを示す。今、海信(ハイセンス)や海爾(ハイアール)など、中国の家電メーカー6社がスマートテレビの標準規格の制定に携わっている。現在はスマートシステムの規格を積極的に模索しており、成熟した後は国外市場にも普及させていく考えだ」と述べる。

 ハイアール、松下、シャープなど国内外のメーカーは今春以降、すでに40機種以上のスマートテレビを打ち出している。「アプリケーションストア」「ジェスチャー・コントロール」「アンドロイドシステム」などの単語も業界内ではよく耳にするようになった。家電の専門家である中国電子商会の陸刃波・副秘書長は、「小売市場でのモニタリングによると、スマートテレビの浸透率は半年以内に8.3%に達する見込みだ。スマートテレビのコストは3Dテレビとほとんど同じで、それほど高くはないため、価格はすぐに一般消費者が購入できる水準にまで下がるだろう。スマートテレビの普及スピードはLEDテレビ・3Dテレビよりも速い可能性がある」と述べる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年6月15日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古