2011年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:09 Jun 15 2011

中国の女性 ぜいたく品消費の大きなパワーに

 イタリアのジュエリーメーカー・ブルガリとスポーツ車メーカー・マセラッティが中国で成功を収めたのは、その製品を男性の身分の究極的なシンボルとしてうち出したことに大きな原因がある。だがますます多くのぜいたく品メーカーと同様、両メーカーともに最近、市場戦略を調整し、裸一貫から身を起こした中国の女性企業家に秋波を送るようになった。また両メーカーは、高級な宝飾品や嗜好品を所有するこうした中国の女性が急速に成長し、市場シェアの一角を形成することを願うとしている。「環球時報」が米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」の13日付記事として伝えた。

 マセラッティ社によると、昨年の中国での販売台数400台のうち、女性の購入者が30%を占めた。2005年はわずか7%だった。中国に比べて、女性の購入者が2-5%にとどまる欧米市場はひどく見劣りがする。同社の中国エリア責任者は「中国の男性は女性に気前よくプレゼントすると考える人は多いが、われわれは観察の結果、我が社の車を買う人のかなりの部分は、巨大な成功を収め、『自分へのご褒美』として優れた製品を購入するようになった女性だということに気づいた」と話す。

 米調査会社マッキンゼー・アンド・カンパニーの調査によると、中国の昨年の約150億ドル規模のぜいたく品市場において、女性による消費が半分以上を占めた。08年は45%だった。10年には女性のぜいたく品消費者の平均支出額は08年比20%増加したが、男性は同10%の増加にとどまった。

 20年には世界最大のぜいたく品市場になると期待される中国市場では、過去10年間の主要な推進力は男性消費者だった。男性はしばしば女性にぜいたく品を贈るだけでなく、自分でもぜいたく品を消費する。だが今では中国人女性も立ち上がって徐々に大きなパワーとなりつつあり、女性消費者の寵を競ってメーカーも奮闘している。

 マッキンゼー社によると、女性顧客の増加に伴い、中国は今後2年でフランスのある高級ブランドの世界最大の市場になる見込みだ。中国人女性はより独立し、より事業志向になり、市場の中でその立場をより強めていくことが予想されるという。

 中国経済の急成長により、男性にも女性にも多くの就業機会が与えられ、収入の増加が後押しされた。ある調査によると、中国では毎年、大卒女子の76%が管理職に就くことを希望しており、米国ではこの割合が52%にとどまるという。世界で最も多くの資産をもつ、一代で財をなした女性20人のうち11人は中国人であることや、中国には153人の女性億万長者がいることなどから、中国人女性の壮大なパワーがうかがえる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年6月15日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古