2011年6月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:53 Jun 21 2011

高速鉄道効果で山東省の不動産が値上がり

 世界一長い鉄道「京滬高速鉄道」の開通が間近に迫り、沿線都市の不動産価格が値上がりを見せている。アナリストによれば、高速鉄道は駅周辺都市の経済を大きく刺激し、その経済押し上げ作用は転じて購買力の伸びにもつながるという。またこれにより、沿線都市近郊エリアの不動産価格も徐々に上昇すると見られる。新華網が伝えた。

 山東省済南市にある済南西駅は、京滬高速鉄道の五大始発駅のひとつだ。鉄道はまだ開通していないが、周辺の不動産ではすでに待ちきれずに「高速鉄道ブランド」を打ち出し始めた。市内のある建設中のマンションは、駅からわずか1.5キロメートルの距離にあり、販売開始直後に購入希望者が押し寄せた。2年前、このエリアの価格は1平方メートル4000元前後だったが、今では6400元に達している。

 済南在住で物件探し中の張氏は、「このあたりの部屋は、駅から近くて便利なだけでなく、将来的に大きな値上がりを期待できる」と話す。

 京滬高速鉄道は、北京、天津、上海の三大直轄市と河北、山東、安徽、江蘇の4省を縦断する。山東社会科学院経済研究所の張衛国所長は、「京滬高速鉄道沿線都市は、文化的に見ると中国歴史上の数々の文化が蓄積されている。相対的な経済規模から見ると、これらの都市は、中国経済の中でも最も発達したエリアだ。こうした文化的、経済的、地政学的な優位点が絡み合うことで、沿線都市の不動産は今後大きな利益を生み出すだろう」と語る。

 不動産価格のすでに高い上海や北京などの大都市に比べ、京滬高速鉄道の沿線にある二・三線都市は鉄道開通後の経済効果に大きな期待を寄せている。山東大学不動産研究センターの李哲崗主任は、「これまでの鉄道駅には主に、交通拠点としての機能しかなかったが、京滬高速鉄道の駅には多くの副産物がついてくる。新しい駅の周辺は、総合発展区域として整備が予定されている。オフィス、商業、ホテル、不動産など多くの発展が期待でき、都市に大きな経済効果をもたらすことだろう」と語る。

 しかし一方で、京滬高速鉄道沿線の不動産価格は、長期的には有利だが、短期的な影響は大きくないかもしれないとする専門家もいる。張衛国所長は、「沿線付近が栄えるまでには3年前後が必要で、投資効果はその後にようやく表れるだろう」とする。(編集KO)

 「人民網日本語版」2011年6月21日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古