2011年6月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:54 Jun 21 2011

米「タイム」誌 中国は安価な労働力の時代に別れ

 新華社のウェブサイト「新華網」が伝えたところによると、米国の週刊誌「タイム」は6月27日号(先行出版)の中で「中国の安価な労働力時代の終わり」と題する文章を発表した。主な内容は次の通り。

 中国というこれまで安価な労働力を無限に有するとみられていた国--13億の人口を擁し、ここ20年ほどは主に安価な労働力を土台として非凡な経済的成果をうち立ててきた国--に変化が生じている。米金融グループのゴールドマン・サックスの喬虹・香港駐在チーフエコノミストによると、過去10年の間に、中国の製造業従事者の実際の賃金は毎年約12%増加した。これは過去20年間の経済の2けた成長がもたらした結果だ。このような経済成長を推進するのは、国内で爆発的に進められているインフラ建設や不動産建設だ。これに一時期の先進国における中国の輸出製品に対する巨大なニーズが加わるという。華南米国商会の会長によると、中国の安価な労働力の時代は終わった、というのが現在の避けられない結論だという。

 こうした新たな情況が発生したことによる連鎖反応は巨大であり、グローバルなものであり、まず中国で反応が起きた。だが賃金の上昇は中国の西部地域に変化をもたらし、政府は西部への投資を一貫して奨励してきた。過去一年間に、多くの多国籍企業と中国企業が、引き続き労働力が安価な西部地域に事業を拡大したり、移転したりしている。

 中国の角度から眺めると、こうした動きによる効果は中国が欲していたものだ。CLSAアジアパシフィックマーケッツの中国マクロ戦略部門チーフアナリストのアンディ・ロスマン氏によると、四川省や河南省などの人々は、家から近い場所で十分な報酬を得られる仕事を見つけることができ、毎年家から千里も離れた場所に行って企業の寮に住む必要もない。これは素晴らしいことだという。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古