2011年6月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:28 Jun 29 2011

日本スパコンが中国から世界一奪回 何を意味する?

 中国のスーパーコンピュータ「天河一号」が日本に世界一の座を奪われたのはなぜか。1位の交代は何を意味するか。これらについて、中国科学院計算所の孫凝暉副所長を取材した。

 「1位」という一つの指標だけにとらわれてはいけない

 世界のスーパーコンピュータのランキング「トップ500」は、言ってみればスーパーコンピュータの演算速度の大会だ。毎年2回行われ、6月にドイツ、11月に米国で開催される。「トップ500」は、一国のコンピュータのレベルをよく反映している。しかし、一国のコンピュータの実力を見るには、「1位」という一つの指標だけにとらわれてはならず、その他の「選手」の順位も見なければならない。それと同時に、その国の過去の順位も見る必要がある。

 日本のスーパーコンピュータ「京」が今回1位を獲得したのは不思議なことではない。日本のレベルは非常に高く、日本のスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」は2002年6月から2004年まで、続けて5回トップに輝いた実績がある。ところが2004年以降、日本は1位から遠ざかっていた。日本は研究に力を入れ、今回の1位獲得はその努力が実を結んだと言える。

 最新のトップ500を見ると、米国は揺るぎない地位を確立している。スーパーコンピュータの台数に関して言えば、米国からは最多の256台がトップ500入りした。メーカー別では、IBMが開発・製造したスーパーコンピュータが最も多く、ランキングの約42%を占めた。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古