2011年6月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:17 Jun 23 2011

パナソニック4-9月期の最終損益は700億円 震災が影響

 家電世界最大手パナソニックの株価押し下げ要因となる観測報道がこの1年、相次いでいる。中国の日刊紙「第一財経日報」が報じた。

 4月末にも大がかりなリストラ計画を発表したパナソニックは20日午後に連結業績予想(米国会計基準)を発表し、4月-9月の前半期の売上高が8%減の4兆円、純損益が700億円の赤字となるとした。2010年同期は747億円の黒字だった。

 パナソニックは落ち込みの要因として東日本大震災を挙げ、震災により世界中の自動車工場が減産になり、自動車関連部品の売り上げが落ち込んだことに加えて、液晶テレビの販売も振るわなかったことが、企業全体の業績に響いた、と説明した。

 同社は下期には自動車関連の需要が少しずつ回復するものと見込んでいるものの、現在リストラ計画および構造改革を断行しており、今年度中にさらに1100億円の改革費用が必要になるため、2011年度の純利益は前年と比べて59%減となる見込み。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年6月23日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古