2011年6月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:14 Jun 23 2011

中国大陸部、米国に続くiPhoneアプリの第二の市場に

 モバイル・アプリケーション・ストアの調査分析を行っているDistimoの最新レポートによると、中国大陸部は今や、米国に続くiPhoneアプリの第二の市場となった。新京報が伝えた。

 レポートによると、過去6カ月、一部の欧州諸国ではApple App Storeでのアプリダウンロードが減少した一方で、アジアでは大幅に増加した。中国大陸部は今や、米国に続く第二のiPhoneアプリ市場となった。

 韓国では、iPhoneアプリのダウンロード数がドイツとフランスを上回った。興味深いのは、韓国のApp Storeにはゲームカテゴリーがないことだ。このため、ダウンロードされているのは全て非ゲーム系のものだ。その他の国では、ダウンロード数が最大のカテゴリーはいずれもゲームカテゴリーとなっている。

 アジアでは、他地域よりも無料アプリを多くダウンロードする傾向にあるようだ。レポートによると、アジアの上位300アプリのダウンロード総数は米国市場とほとんど同じだが、有料アプリのダウンロード数は米国とヨーロッパを下回り、わずか3分の1に留まった。しかし一方で、アプリ収入でみると、アジア合計は米国の3分の2となっている。これは、米国の平均アプリ価格が1.48ドルであるのに対し、アジアでは平均2.62ドルと、倍近くなっているためだ。

 このほかアジアでは、ローカライズされたアプリが人気だ。特に中国大陸部、香港、日本、韓国、台湾のiPhoneユーザーはその傾向が強い。例えば中国大陸部では、無料アプリのうち、65%がローカライズされたものだった。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年6月23日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古