2011年6月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:44 Jun 28 2011

福建 台湾個人旅行へ最もアクセスしやすい省

 中国の大陸部から台湾への個人旅行が、6月末より試験的にスタートする。福建省はアクセス整備に力を入れており、飛行機・船ともに豊富な便数を用意している。これにより、福建省は台湾へのターミナルへの一歩を踏み出した。また、同省では2本目となる海上ルートも準備中で、福建省の平潭から台湾本島へ行けるようになる。さらに多くの航空路線を用意することで、利用者のアクセス向上をはかっていく。「人民日報」海外版が伝えた。

 福建省にはすでに3つの台湾ルートがある。船による直行ルート、福州と厦門からの空の直行便など多彩なアクセスを用意している。そのルートは、水陸合わせ全12路線あり、毎週377便が行きかい、うち船便は322便、飛行機は55便。福建省は、台湾へ最もアクセスしやすい省となっている。

 大陸からの利用者は、アモイから「中遠の星」という名前の大型船に乗ることができる。これは台湾北部の基隆港、中部の台中港に直行する船で、大陸-台湾本島間で唯一の定期航路。運航は週4便。このほか福建省は、準備中の平潭-台湾本島航路のために、就航予定の大型船「海峡号」や港の建設などを急ピッチで進めており、年内には運用に入りたい考え。(編集KO)

  「人民網日本語版」2011年6月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古