2011年6月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:11 Jun 29 2011

日本旅行熱ふたたび 今月のビザ発給は先月の34倍

 今年3月11日に東日本大震災とそれに続く津波が発生すると、日本の観光市場は大きなダメージを受けた。だが日本の駐上海総領事館によると、ビザ発給要件の緩和や各種の優遇サービスといった措置に刺激されて、日本を訪問する中国人観光客が増加しつつあるという。「国際金融報」が伝えた。

 災害後の復興を早急に実現し、観光客の日本旅行への懸念を解消するため、日本は各方面で宣伝に力を入れている。今月28日には同総領事館、日本貿易振興機構(ジェトロ)上海事務所、日本政府観光局(JNTO)などによる日本観光・食品展が、上海市の花園飯店で開催された。日本の地方自治体、旅行会社、食品企業、飲料業界、航空企業など60の機関・企業が出展して、それぞれのうち出している優遇キャンペーン措置を紹介した。

 同総領事館の泉裕泰総領事によると、地震発生後、中国人の日本観光ツアーの客足に急ブレーキがかかり、3-4月は団体ビザ発給件数がゼロだった。日本で復興再建が始まると、日本ツアーは急速に回復に向かった。旅行社がキャンペーンの低価格ツアーをうち出しただけでなく、日本政府の飲食・宿泊への補助金支給、航空会社の格安チケット販売、ホテルの各種サービスといった業界の支援を受けて、日本ツアーは徐々に盛り返してきた。5月に同総領事館が受理した団体ビザ申請は151件に上り、6月は27日現在で5259件を受理して5月の34倍に増加した。泉総領事は「日本の観光産業はまた急速に飛び立とうとしている」と話す。

 泉総領事が伝えた最新の情報によると、まもなく夏休みに入ることを念頭に置いて、日本側はビザ発給制限を緩和する方針だ。7月1日から、沖縄が初めて日本ツアーの日程に組み込まれるようになり、沖縄訪問を前提とした、期間内であれば何回でも出入国が可能なマルチビザの発給制度が正式に始動することになる。同ビザの有効期間は3年間で、取得すれば日本各地を自由に訪問できるようになる。日本側はこの制度を通じて、より多くの中国人観光客を呼び込みたい考えだ。

 日本の福井県の上海事務所によると、観光客の増加に伴って、旅行費用も上昇しつつあるという。同事務所の周慧芳・首席代理助理によると、6月までは6日間の日本ツアー価格は3千元前後だったが、旅客数の増加に伴い、7月以降は6千元前後に値上がりする可能性があるという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年6月29日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古