2011年7月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:13 Jul 05 2011

海外メディア:中国は高速鉄道を誇りとする理由がある

 北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道が、6月30日午後に開通した。同列車に乗車した報道陣は、時速300キロが表示されたパネルをバックにし、記念撮影をした。報道陣は2週間前までは、中国鉄道部に対して厳しい質問を投げかけていた。ボイス・オブ・アメリカ(以下「VOA」)の記者が紹介したように、この高速鉄道に乗ってみれば、中国がこれを誇りとする理由を実感することができる。当然ながら、高速鉄道に関する疑問が、1度の運行によって解消されることはない。特に高額の運営コスト、施工品質等の問題に対する回答には、長い時間が必要とされる。しかし英デイリー・テレグラフ紙は、「中国で高速鉄道を支持する国民は多い。彼らは奇跡が創出されるのを日々目の当たりにしているため、国家のより良い未来を信じて疑わない」と報じた。中国国内の世論がさまざまであるのに対し、海外メディアの評価は高めとなっている。鉄道および道路を大規模建設し利益を上げ、世界の先進国となった西側諸国は、これまでの歴史を振り返っているのかもしれない。環球時報が報じた。

 ◆中国は高速鉄道を誇りとする理由がある

 6月30日午後3時、京滬高速鉄道の北京南駅および上海虹橋駅から、一番列車が同時に発車した。CNN(米国ケーブルテレビニュース専門放送局)はこのニュースを報じ、「京滬高速鉄道は、中国の4分の1の人口とGDPの40%が集約する、中国東部の7省・直轄市をつないだ」と伝えた。

 同高速鉄道に乗車したアイリッシュタイムズ紙の記者は、「スタイリッシュなホワイトカラーの高速列車は、北京と上海をつなぐ。時速300キロで豊かな山並みと田園風景を通過し、青い屋根の新型工場や明の時代から伝わる村落を目にすることもできる」と描写した。100年前、北京から上海への移動には3週間が必要とされ、苦労と危険の多い道中だった。現在、流線形車両がこの華東地区の美しい山河を通過するのに必要とされる時間は、わずか4時間48分だ。アイリッシュタイムズ紙はまた、「中国が低コストの製造国に甘んじることはない。オリンピックで民族の誇りを示して以来、高速鉄道は中国の発展の新たな縮図となった」と報じた。

 VOAの記者は、「『未来に向かう』この高速鉄道に乗れば、中国がこれを誇りとする理由を実感することができるだろう」と語った。聯合ニュースは、「京滬高速鉄道は中国人の生活に大きな変化をもたらすだろう。高速鉄道による労働力および物資の流通は、中国経済の大動脈となる。米国の発展に匹敵する中国のスピードを、この日体感することができた」と報じた。

[1] [2] [3]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古