2011年7月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:00 Jul 06 2011

アジアの価値あるブランド ソニー首位、中国の上位100位入りなし

 英国の有力誌「Campaign」はこのほど、マーケティング企業の調査に基づき、アジアで最も価値のあるブランドを選出した。日本のソニーが栄誉ある首位となり、中国からは上位100ブランドに1社も入らなかった。BBCが4日伝えた。

 調査は英市場調査大手テイラー・ネルソン・ソフレス(TNS)がオーストラリア、中国、インド、日本、香港、マレーシア、シンガポール、台湾、韓国、タイの3322人の消費者を対象に行った。

 ランキング上位5位は順に、ソニー、パナソニック、LG、サムソン、キヤノンとなり、日本・韓国の電子ブランドが独占した。

 中国ブランドの最上位は中国の白物家電大手ハイアールで102位。インド勢の最上位は同国乳製品最大手のアムールで89位だった。

 報告は「今年の調査は中国・インドブランドの国際的な影響力の開拓がなお試練に面していることを改めて浮き彫りにした」としている。(編集HT)

 「人民網日本語版」2011年7月6日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古