2011年7月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:40 Jul 06 2011

中国の高速鉄道、課題は一般鉄道との乗り継ぎ

 北京と上海を結ぶ京滬高速鉄道が6月30日、正式に開通した。中国の人々は同鉄道の開通に対して、かつてないほどの関心を寄せている。人民網の記者はこのほど、人々が関心を寄せている問題について、東京大学社会科学研究所の丸川知雄教授を取材した。

 ----日本は世界で最も早く高速鉄道(新幹線)を建設した国だが、現在の運営状況はどうか。また新幹線は日本の社会・経済にどのような影響を与えたか。

 「日本の新幹線は利益を上げており、経済・社会に貢献している。建設に当たって賛否両論のあった上越新幹線も利益はそれほどでもないが、毎年冬に多くのスキー客が首都圏から新潟を訪れており、新しい需要を生み出したという点で結果的に大きく成功している。また新幹線の開通で、首都近郊に住んで東京に通勤するというライフスタイルが可能になったことも大きな意味があった」

 ----日本の新幹線が航空産業にどのような影響を与えたか。

 「打撃は非常に大きい。新幹線で2時間以内の地域であれば、東京-仙台便、東京-名古屋便のように廃止される」

 「ただ人口や移動する人数が多い地域では、高速鉄道ができたからといって、航空が衰退することはない。航空会社はチケットの割引(新幹線より3割以上安い)や所要時間の短縮などにより、生き残ることができる。中国では、将来的には新幹線と航空の間で競争が起こる可能性もあるが、現在は高度成長期にあり、人口が増加を続けているため、当面の間はウィンウィンの局面が続くだろう」

 ----中国の高速鉄道の安全性をどうみるか。

 「日本国内には、中国の高速鉄道の安全性を疑問視する見方も確かにある。その根拠の一つは、スピードが速すぎること。しかし日本の新幹線のスピードが上がらない理由は、山地が多くトンネルやカーブが続くことにある。土地が平坦なフランスでは時速380キロに達している。スピードと事故発生率は正比例ではない。ただ技術的な部分ではやはり安全性のリスクが伴う。安定した運行を実現するには、導入した技術を早く自分のものにすることが重要」

[1] [2]


関連記事:中国の特色ある高速鉄道開発体制、他国の追随許さない

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古