2011年7月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:58 Jul 06 2011

中国自動車産業、今後10年間で大国から強国へと発展

 5日に発表された「2011年中国自動車産業発展報告」(自動車青書)によると、中国自動車企業は今後10年間で、積極的に国際市場に進出する見通しだ。これにより中国は自動車の製造大国であるばかりでなく、自動車貿易・サービスの大国として発展する。中国新聞社が報じた。

 国務院発展研究センター、中国汽車工程学会、大衆汽車集団(中国)が共同編纂した同青書は、WTO加盟後10年間の中国自動車産業の発展・成果・経験を全面的に論述し、今後10年間の発展の方向性を展望した。

 国務院発展研究センターの劉世錦副主任は、「中国がWTOに加盟してから10年間、自動車産業はかつてない10年間の高度発展期を迎え、開放の中で大国としての優位を確立した」と述べた。WTO加盟から10年間、中国自動車産業は急速な発展を実現し、国際競争力を高め、先進国との差を縮小し続けている。中国自動車産業の国際競争力の評価指数は、2009年に58.23ポイントとなった。これは2000年の26.47ポイントの2.2倍に相当する。中国自動車製品の輸出入総額は、2010年に初めて1000億ドルの大台に乗り、1085億3100万ドルに達した。これは2001年の19.4倍に相当する。

 また中国は2009年末までに、6大自動車産業クラスター(長春を代表とする東北老工業集積地、上海を代表とする長江デルタ集積地、武漢を代表とする中部集積地、北京および天津を代表とする京津集積地、広東省を代表とする珠江デルタ集積地、重慶を代表とする西南集積地)を形成した。

 中国機械工業聯合会執行副会長、中国汽車工程学会理事長の張小虞氏は、「中国自動車産業の持続可能な発展は、エネルギー、環境問題、交通といった、外部環境からの厳しい制約を受けている。その国際競争力は、今なお自動車先進国との間に開きがある。中国自動車産業の国際化は始まったばかりであり、今後10年間で自動車大国から自動車強国となる上で、数多くの課題が待ち受けている」と指摘した。

 同青書は、「中国は今後10年間、『開放の中で大国としての優位を確立する』という発展の道のりを歩み続け、市場メカニズムを基礎とし、政府の指導を強化し、自主イノベーションと自主ブランドの発展を促さなければならない。また、外資企業との合弁・提携により相互利益を模索し、海外の先進的基準を参考にすると同時に、国際自動車基準の制定に積極参与する必要がある。これにより、中国自動車産業の国際競争力を高め、国際化の推進を継続し、今後10年間の発展を経て、中国は自動車大国から自動車強国となることができる」と強調した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年7月6日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古