2011年7月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:53 Jul 07 2011

中国自動車青書:新エネルギー車産業が飛躍的な発展へ

 5日に発表された「2011年中国自動車産業発展報告」(自動車青書)は、「中央政府および地方各級政府は、新エネルギー車の発展を重視しており、各種の産業補助・育成政策を発表し、良好な政策的環境を整えた。新エネルギー車産業は、業界基準、産業連盟、企業構造、技術の研究開発といった面で、目覚しい発展を実現した。これにより、中国自動車工業の飛躍的成長が実現される見通しが立った」と指摘した。中国証券報が報じた。

 国務院は2010年10月に関連文書を発表し、新エネルギー車を七大戦略的新興産業に組み入れた。また新エネルギー車産業を国民経済の先導的産業とするべく、産業発展の方向性を定めた。

 同青書はまた、「業界内部の発展に関して、新エネルギー車産業における産業連盟が、2010年に相次いで設立された。また地域や国をまたぐ新たな連盟が見られた」と指摘した。省・直轄市の多くは重点自動車企業の力を借り、地域内の新エネルギー車産業連盟の設立を積極的に推進した。中国国内の主要自動車企業も、新エネルギー車の研究開発および生産への投資を拡大し、将来的な競争へ向け準備を整えた。

 同青書は一方で、「新エネルギー車には一定の進展があり、一部の分野では優位を占めている。ただし今後取り組むべき課題が数多く存在する」と指摘する。

 まず、消費市場の育成が必要だ。新エネルギー車は現在、主に都市の交通機関に利用されているが、個人消費の規模・数量には限りがある。全国6都市で新エネルギー車の個人購入の試行業務が展開され、高額の補助金を支給しているが、個人消費向けの数車種に対する市場の反応は思わしくない。

 次に、技術イノベーション能力の強化が必要だ。欧米や日本等の国家と比較すると、新エネルギー車のコア技術・共通技術の研究開発に対する、政策支援と投資額が不足している。海外の大企業と比較すると、中国企業の新エネルギー車の研究開発に対する投資も、小規模となっている。

 また、秩序なき発展を避ける必要がある。各地方は新エネルギー車の発展に対して意欲的だが、その意欲が空回りする可能性が高い。政府は業界基準、参入許可、協調等の面から、業務を展開するべきだ。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年7月7日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古