2011年7月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:30 Jul 11 2011

ASEAN 日本を抜き中国の3番目の貿易相手先に

 税関総署が10日に発表した統計データによると、今年上半期の輸出入総額は1兆7036億7千万ドルで前年同期比25.8%増加した。6月の輸出額は1619億8千万ドルで前年同月比17.9%増加し、前月に更新したばかりの過去最高額1571億6千万ドルをさらに更新した。輸入額は1397億1千万ドルで前年同月比19.3%増加し、貿易黒字は222億7千万ドルに上った。東南アジア諸国連合(ASEAN)は日本を抜いて中国にとって3番目の貿易相手先となった。「中国証券報」が伝えた。

 今年1-6月の累計貿易黒字は449億3千万ドルで、前年同期比18.2%減少した。税関総署の責任者は上半期の輸出入状況に関するインターネットでの発表の中で、上半期に対外貿易の増加率が低下し、貿易黒字が減少した原因として、比較の対象となる昨年上半期の数字がかなり高かったこと、グローバル経済の不確定性が高まったこと、労働集約型製品の輸出価格における優位点が弱まってきたこと、東日本大震災により一部の製品の供給チェーンが絶たれたことなどが挙げられるとの見方を示した。

 6月の輸出入総額は3016億9千万ドルで、前年同月比18.5%増加した。うち輸出は1619億8千万ドルで同17.9%増加し、輸入は1397億1千万ドルで同19.3%増加した。輸出規模は過去最高を更新したが、対外貿易輸出額の単月の増加率は4カ月連続で低下している。

 今年上半期、中国の対欧州連合(EU)輸出額は1644億8千万ドル、対米国輸出額は1455億1千万ドルに上り、増加率はいずれも16.9%となり、同期の輸出全体の増加率の24%を明らかに下回った。中国にとってEUは引き続き1番目の貿易相手先であり、米国は2番目の貿易相手国だ。ASEANは日本を抜いて3番目の貿易相手先となり、日本は4位に後退した。加工貿易が引き続き、中国の貿易黒字の主な由来源となっている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年7月11日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古