2011年7月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:24 Jul 14 2011

鉄道改革は高速鉄道を突破口に

 北京と上海を高速で結ぶ京滬高速鉄道が開通してからまだ2週間も経たないが、これまでに4日間にわたる3回の故障があった。列車は大幅に遅れ、運営や工事の質に社会から疑問の目が向けられることになった。

 冷静に考えれば、「錬磨」の段階にある高速鉄道に、たまたま天候などの予測不可能な原因によって、安全には影響のない故障が起きたとしても、ほとんどの乗客にとっては理解の範疇だといえる。だが今回のように相次いだ故障に対して、鉄道部門はただ「京滬高速鉄道の安全率は非常に高く、故障したどのシステムもすべて自動的に安全に向かうようになっている」と強調するばかりで、実際には人々を納得させることができないでいる。つまるところ故障の原因は何か。今回のような故障はなぜ試運転で検出されなかったのか。これからも似たような故障が続けて発生するのか。続けて故障が発生すれば高速鉄道は安全な運行が可能なのか。これこそが人々の最も関心を寄せる問題であり、最も知る必要のある問題だが、産業の主管部門である鉄道部も運営機関である京滬高速鉄路株式有限公司も、初期段階で忍耐強く説明するということをしなかった。こうした態度こそ、人々が最も受け入れられないものだ。

 高速鉄道は鉄道技術のグレードアップによる新たな成果だ。乗客の多くは高速鉄道をよく知らないことから、そのハイスピードの運行速度や過密な発車間隔に対し、心の中で恐い気持ちや疑いの念を抱いている。故障が起きた時、鉄道部門が真っ先に出ていって疑惑を晴らし、乗客の気持ちを落ち着かせ、社会に広がる恐怖や疑念を消し去ることが何よりも必要だった。

 高速鉄道は鉄道部門が市場に投入した新たな商品でもある。乗車券の価格は一般の鉄道よりはるかに高いため、乗客の期待も高まっていた。乗客は列車の時間の正確さや快適さにより細かな要求をしただけでなく、サービスや損害賠償の面でも強い権利保護意識を抱いていた。だが列車が故障していた間、車内でのサービスは混乱を極め、物資の供給が滞った。故障が取り除かれた後は、責任の所在があいまいで、賠償基準がはっきりしなかったため、高速鉄道の市場における信頼性を損ない、消費者を尻込みさせ、高速鉄道から遠ざけることになった。

 故障の原因をひた隠しにすること、列車の緊急時対応サービスの準備不足、事後の賠償を断固拒否する態度。ここにはいずれも計画経済の色合いが濃厚で、長期にわたり市場競争にさらされることのなかった「親方鉄道」(鉄老大)の慢性疾患だといえる。親方鉄道は高速鉄道を導入したことにより、市場における地位が変わったことを意識しなければならない。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古