2011年7月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:03 Jul 15 2011

「幸福度」が低い日本人、その背後には?

 先進国の日本は経済発展、生活水準、教育環境、社会環境、各種福祉システム、社会保障システムなどさまざまな面で優れている。そのため日本人の生活は、世界の多くの国より幸せに満ちているはずだ。ところが意外なことに日本人の「幸福度」は決して高くない。今年5月に経済協力開発機構(OECD)がまとめた加盟国の「幸福度」に関する調査によると、今の生活に満足している日本人は40%にとどまり、OECD平均の59%を大きく下回った。生活水準や質は高くても、日本人は幸福を見出せないでいるのだ。日本の華字紙「日本新華僑報」が報じた。

 発展途上国に住む多くの人々にとって、日本人の生活環境や質はうらやましいもので、日本の発展モデルを手本としている国も多い。しかし経済が発展しているか否かは、国民の幸福度を測る基準ではないのかもしれない。「幸福」とは主観的なものであり、固定的な基準で測れるものではない。英国のシンクタンク新経済財団(NEF)と国際環境NGO「地球の友」がまとめた地球幸福度指数(NPI)に関する報告書によると、調査対象178カ国のうち、日本人の「幸福度」は95位だった。ほかの先進国の幸福度指数は相対的に高かったのに対して、日本は例外的存在となった。その原因としてさまざまなことが考えられる。

 日本経済は1990年代のバブル崩壊後、「失われた20年」を経験している。経済大国の日本は今や衰退に向かっているのだ。第一生命経済研究所がこのほど発表した報告書によると、日本の内閣府が今年5月に発表した11年1-3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整値)は、前期比0.9%減、年率換算で3.7%減となり、事前の市場予測(2%減程度)を大きく下回る2四半期(昨年の4半期と今年の第1四半期)連続のマイナス成長となり、経済衰退が浮き彫りになる結果となった。予想を上回る経済衰退に日本の社会と国民は大きなショックを受けている。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古