2011年7月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:04 Jul 15 2011

外資による対中投資 今年上半期は引き続き拡大傾向

 商務部は15日、定例記者会見を開き、2011年上半期の国内外貿易及び国際的な経済協力状況などについて報告し、記者からの質問に回答した。

 商務部の姚堅報道官が明らかにしたところによると、1-6月期、中国全土で新たに設立された外資系企業は前年同期比8.77%増の1万3462社で、実質ベースの外資使用額は同18.4%増の608億9100万米ドルだった。

 産業別ではサービス業が、外貨投資額の伸びにおいて農林畜産漁業及び製造業を上回った。1-6月期、新設の外資系製造業メーカーは前年同期比14.44%増の5850社で、これは全国の43.46%にあたる。また実質ベース外資使用額は同15.63%増の284億7400万米ドルで、全国の46.76%を占めた。新設の外資系サービス業企業は前年同期比5.55%増の6509社、外資使用額は同21.4%増の280億5400万米ドルで、それぞれ、全国の48.35%、46.7%を占めた。農業、林業、畜産業、漁業関連の外資系企業の新設は前年同期比3.37%減の373社で、外資使用額は同15.13%増の10億3500万米ドル。それぞれ、全国の2.77%。1.7%を占めた。

 投資元の地域別にみると、アジアから中国地域への投資は拡大している一方、アメリカから中国地域への投資は比較的大きな下落を見せている。1-6月期、アジアの10カ国・地域(香港、マカオ、台湾、日本、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、韓国)による中国での新設企業は前年同期比9.83%増の1万850社で、外資使用額は同23.88%増の525億3000万米ドルだった。EU27か国による新設企業は前年同期比10.38%増の840社で、外資使用額は同1.17%増の34億6400万米ドルだった。またアメリカによる新設企業は前年同期比5.09%減の727件で、外資使用額は同22.32%減の16億7900万米ドルだった。

 中国国内地域別にみると、中西部地区への投資額の伸び率は東部を上回る状態が続いており、その割合も増加している。1-6月期、東部地区で新設された外資系企業は前年同期比10.06%増の1万1489件で、外資使用額は同16.09%増の517億9700万米ドル、それぞれ全体の85.34%、85.07%を占めた。中部地区で新設された外資系企業は前年同期比1.13%増の1348社で、外資使用額は同31.78%増の44億4300万米ドル。それぞれ全体の10.01%、7.3%を占めた。西部地区で新設された外資系企業は前年同期比3.31%増の625社で、実際の投資額は同35.18%増の46億5100万米ドル。それぞれ全体の4.64%、7.64%を占めた。中西部地区への実質ベース外資使用額が全国に占める割合は、前年同期比よりそれぞれ0.7ポイント、0.93ポイント上昇した。(編集KO)

 「人民網日本語版」2011年7月15日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古