2011年7月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:21 Jul 19 2011

中国が米国債を2カ月連続で買い増し、米国最大の債権国を維持

 米国財務省が18日に発表したデータによると、中国は今年5月に、米国債を73億ドル(約5840億円)買い増しした。中国が米国債を買い増しするのは2カ月連続で、中国は引き続き米国最大の債権国となった。中国新聞社が報じた。

 データによると、中国は今年5月の時点で米国債を1兆1598億ドル保有しており、4月の1兆1525億ドル(約92兆2000億円)から73億ドル買い増しした。中国は4月にも米国債を76億ドル(約6080億円)買い増ししており、2カ月連続の買い増しとなった。

 米国第二の債権国である日本も5月に米国債を55億ドル(約4400億円)買い増しし、第三の債権国である英国は135億ドル(約1兆800億円)買い増しした。今年5月、外国の債権者が保有する米国債は、4月比0.6%増の計4兆5140億ドルに達した。

 米国債はこれまで、世界で最も安全な投資商品であると見なされてきた。しかし5月16日、米国債は14兆2900億ドル(約1155兆円)の法定上限に達し、債務上限の引き上げ期限が8月2日に迫っている。ここ2ヶ月間、オバマ政権および共和党は、債務上限の引き上げについて交渉を進めているが、意見の一致には至っていない。

 8月2日の期限が迫りつつあることから、国際金融市場では先週より緊迫が高まっている。米大手債券格付け機関のムーディーズおよびスタンダード&プアーズは、米国債に対して格下げの警告を発した。スタンダード&プアーズは今月中に、米国債の評価を格下げする可能性が高いとした。

 しかし市場アナリストは、「米国政府の債権処理方式に不安を感じるが、投資家は米国債に投資価値があると見なしている。また現在の国際金融市場では、ユーロ圏における主権債務危機の発生以降、米国債を除く信頼性の高い投資対象があまり存在しない」と指摘した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年7月19日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古