2011年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:19 Dec 01 2011

中国人民銀の資産3兆9千億ドル 世界最大の中央銀行に

 どの国の中央銀行が世界で最も影響力があるか?米連邦準備銀行(FRB)がその答えであるなら誰も驚かないだろう。しかし世界で最も資産規模が大きい中央銀行は、なんと中国人民銀行なのだ。中国の新興メディア財新が発行するニュース週刊誌「新世紀」が報じた。

 中国人民銀行の資産規模は2004年6月に米国、2005年9月に欧州、2006年1月に日本の中央銀行を抜き、世界最大になった。2006年から2010年の間も資産は拡大を続け、2010年の資産総額は2.4倍の3兆9000億ドルに膨らみ、同年GDP(国内総生産)の67%を占めた。

 人民銀が世界最大の中央銀行になったことは今後、主要経済国の金融政策に影響を与えるだけでなく、世界の金融システムに影響を及ぼす可能性がある。同時に世界の金融市場における人民銀の発言権も強まるだろう。(編集KN)

 「人民網日本語版」2011年7月20日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古