2011年7月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:50 Jul 20 2011

中国:今年上半期の税収が5兆元を超える

 中国財政部の公表した最新データによると、2011年1−6月期の全国税収入は、前年同期比29.6%増の5兆28億4300万元(約61兆円)に達した。人民日報が報じた。

 中国財政部税政司の分析によると、上半期の税収の増加率が高かった四つの理由は以下の通り。

 一、急速かつ安定的な経済成長により、企業が利益を上げた。

 二、増値税、消費税、営業税、関税、輸入の過程における消費税や増値税等、中国の大多数の税目は従価税である。1−5月、工業品の生産者価格指数は前年同期比7.0%増となり、住民消費価格指数は5.2%増となった。これらの価格の上昇により、時価により計算する税目の税収が増加した。

 三、法人所得税および昨年末の輸入の過程における税収の次年度繰越分が、年初に集中的に納められたため。今年1−5月に納められた昨年度の法人所得税は4032億4900億元(約5兆円)に達し、法人所得税の税収増に対する貢献度は40%弱に達した。昨年第4四半期、中国の一般貿易額が大幅に増加し、輸入税の一部が今年1−2月に集中的に納税されたことで、今年上半期の輸入税の増加率を引き上げた。

 四、税務機関が徴税対象の管理を強化し、各種税目の迅速な納税を促した。

 税収の内訳を見ると、増値税、消費税、営業税、法人所得税等の主要税目の税収が順調に増加した。増値税が前年同期比19.7%増の1兆2431億3000万元、消費税が20.2%増の3760億7500万元、営業税が24.4%増の7150億8000万元、法人所得税が38.3%増の1兆1175億3600万元、個人所得税が3554億7800万元、関税が32.1%増の1350億2900万元、都市維持建設税が49.9%増の1427億9000万元となった。これにより今年上半期の税収の増加率は、昨年同期比の増加率を21.7ポイント上回った。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年7月20日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古