2011年7月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:04 Jul 20 2011

中国製造業専門家「労働密集型の製造業を中国は手放すべきではない」

龍永図氏(資料写真)

 産業のアップグレードの推進、貿易バランスの維持といった政策を受け、「中国経済神話」を築いた伝統的製造業が現在、苦境に陥っている。多くの企業は人材不足や資金難等の圧力により、経営難に直面している。中国製造業の専門家である龍永図氏はこのほど、「中国は世界の工場と呼ばれて恥じ入る必要はない。中国が製造業(労働密集型の製造業を含む)を放棄すれば、歴史的な過ちを犯すことになる」と表明した。北京晨報が報じた。

 ◆米国の反省を参考に

 中国の世界貿易機構(WTO)加盟談判の首席代表を務めた龍氏は、中国家電協会および南方報業伝媒集団がこのほど開催した、中国WTO加盟後の10年間に関するフォーラムにて意見を述べた。龍氏は、「ネットバブルの崩壊、2008年のリーマン・ショックを経て、米国政府は過去の過ちを反省し、製造業の再興を決定した。これは米国および世界中の経済専門家にとって、重要な結論である」と語った。

 「加工製造業は中国経済の発展を力強く後押しし、就業の機会を創出し、中国の都市化を推進した。中国が米国のような先進国になるまでの道のりはまだ長い。それなのに今、製造業を放棄しようというのか」

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古