2011年7月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:35 Jul 25 2011

中・高級車市場が価格戦に突入、高級モデルの割引を実施

 中・高級車市場は競争が激しく、今年になりさまざまな新車が発売された。「日系3強」のカムリ、アコード、ティアナの他に、第8代ソナタ、起亜K5、新型パサート、プジョー508等の車種が加わった。熾烈な競争を背景とし、中・高級車の1万元以上の割引も珍しくない。広州日報が報じた。

 ◆日系メーカーが値下げを強化

 直近の販売データによると、アコードは上半期に6万1948台のナンバープレート登録数により、中・高級車のナンバープレート登録数のトップを維持した。アコードの後を追うのは、今年の広州市場でナンバープレート登録数トップとなったティアナで、6万1812台となった。第3位は上海大衆のパサートだった。広州市場の中・高級車ナンバープレート登録数の順位は、ティアナが1位、カムリが2位、アコードが3位となった。

 生産能力の回復に伴い、日系メーカーの供給問題が解決された。日系3大自動車メーカー(ホンダ、トヨタ、日産)でも多くの車種の在庫が確保されており、販促も7月より強化されつつある。一方で韓国系、欧米系の中・高級車の猛追により、同市場は群雄割拠の様相を呈している。

 「日系3強」の他に、東風ホンダ・スピリア、マツダ6(日本名「アテンザ」)、フォード・モンデオ等の車種が割引販売を強化中だ。現在、ティアナの割引額は最大で3万5000元(約44万円)、アコードとカムリは4万元(約50万円)となっている。うちカムリの多くの車種の割引額は3万元(約38万円)を上回り、マツダ6も過去最大となる3万元の割引を実施中だ。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古