2011年7月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:11 Jul 25 2011

物価上昇は曲がり角? 発展改革委 (2)

 2000年以来の価格情勢を踏まえて考えると、このたびの物価上昇は曲がり角に近づいていると判断される。21世紀に入り、中国は3回の物価上昇を経験した。1回目は2003年から04年にかけて、2回目は07年から08年にかけてだ。このたびの物価上昇は3回目で、昨年に始まったものだ。1回目の物価上昇は27カ月続き、2回目は24カ月続き、3回目は現時点で24カ月続いている。よって価格変動周期から考えて、このたびの物価上昇は曲がり角に近づいていると判断できる。

 残存効果の急速な落ち込みにより、下半期の価格情勢は上半期よりも楽観的なものになる。

 6月のCPI上昇率6.4%のうち、3.7%は残存効果によるものだった。7月には残存効果の影響が0.4ポイント低下して3.3%となり、8-10月は月を追ってさらに低下が進むとみられる。上半期全体の残存効果による影響は3.3%で、下半期全体は1.6ポイント低下の1.7%になることが予想される。現在の情勢分析をふまえると、下半期の物価情勢は上半期よりも楽観的なものになる見込みだ。

 今年、ブタの価格が大幅に上昇した主な原因は、供給量の減少と養豚コストの大幅上昇にある。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年7月25日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古