2011年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:07 Jul 27 2011

味千ラーメン 時価総額15億香港ドルが消失

味千ラーメンの潘慰会長

 中国で450店舗以上を展開する日本のラーメンチェーン店「味千ラーメン」(本店熊本市)は、煮込み豚骨スープの一件により前途に暗雲がたれ込めている。味千ラーメンは26日、豚骨スープに含まれるカルシウム量の表記に誤りがあったことを正式に認めた。これにより香港証券取引所に上場している味千(中国)持ち株有限公司の株価は8.29%値下がりし、時価総額15億香港ドル(約149億円)が一日で消失した。味千ラーメンの潘慰会長も個人資産7億1800万香港ドル(約71億円)を瞬く間に失った。「北京晨報」が伝えた。>>味千ラーメン 大陸部でのみ品質問題が発生したのはなぜ?

 味千のラーメンは実際には専用の粉末と調味料から作られているという説について、味千ラーメンはこれを否定した。だが味千ラーメンが取った一連の措置から、後ろ暗いところがあるのがうかがえる。味千ラーメンは26日、サイトから製品の栄養に関する説明を削除し、また店舗に置かれたメニューの豚骨スープのカルシウム含有量に関する説明部分は白い紙が貼られて読めなくなった。

 味千ラーメンはサイトを通じてカルシウム含有量の宣伝に誤りがあったことを認め、味千ラーメンのスープのカルシウム含有量についてのミスは、濃縮スープを希釈する際の計算方法に誤りがあって生じたもので、すでに修正を加えたとしている。味千中国本部が提供した中国烹ニン協会美食栄養専業委員会作成の報告によると、濃縮スープのサンプルのカルシウム含有量は100グラムあたり485ミリグラムに上り、希釈した場合の一人前当たり含有量は48.5ミリグラムで、宣伝にうたっていた360ミリグラムのわずか7分の1にとどまる。

 消費者は味千ラーメンがいう「計算方法の誤り」との説明に納得していない。これまで長年、味千ラーメンに親しんできたという劉さんは「さようなら、味千」と言い、味千ラーメンにきっぱり別れを告げるとしている。

 中国消費概念株の輝きによって、味千ラーメンはゴールドマン・サックスをはじめとする投資銀行や投資家の人気を集め、今年4月以降は株価が上昇を続けていた。だが今回の煮込み豚骨スープ問題の発覚で、味千の株価の新記録更新の旅は突如幕を下ろした。25日の香港市場の株価は一気に下落して、終値は前日比8.29%にあたる1.46香港ドル(約14円)低下した。

 味千ラーメンの株価下落により、潘会長の資産も一日で大幅に目減りした。2007年から10年にかけて、潘会長は4年連続で胡潤(フージワーフ)研究院が発表する「フージワーフ外食産業富豪ランキン」のトップに立っていたが、今年は「防衛」が難しいとみられる。(編集KS)>>コクが売りの「味千ラーメン」、実は濃縮スープを希釈 中国

 *ニン:「食偏」に「壬」

 「人民網日本語版」2011年7月27日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古