2011年7月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:52 Jul 27 2011

バリューチェーンのハイエンドに向かう中国製造業

 カナダ紙「グローブ・アンド・メール」は23日、サイトを通じて「メードインチャイナにまったく新しい意味合い」と題する文章を発表した。主な内容は次の通り。

 天弘公司の蘇州市(江蘇省)にある電子製造工場では作業用の長靴を履く必要がなく、靴カバーをつければよい。この工場を見学する時、見学者はみなある機械に足を載せる。すると機械が自動的に見学者の足にプラスチックの靴カバーをつけてくれる。この工場ではカナダ企業の委託を受けて精密電子情報機器や医療機器を生産しており、薄くて軽い青色の靴カバーをつけることで見学者が道路から持ち運んだゴミやほこりが製品に付着するのを防ぐことができる。トロントに本部を置く天弘公司がこの工場で生産するすべての電子製品はハイエンド製品で、X線検査装置、ルーター、交換機などが生産されている。

 この工場は、中国は世界の中では工場に過ぎず、安価な労働力が汗水垂らしてちっぽけな装飾品、玩具、粗悪品などを作っているという従来のイメージを覆した。ここで生産される製品は世界トップレベルの医療機器基準を満たしており、流通量が最大の企業の通信システムの要求を満たしている。

 中国の製造部門は今、急速にバリューチェーンのハイエンド方向へと向かっている。これまで低品質の衣類やプラスチック玩具を作っていた中国の工場は、現在では精密な電子部品や1台あたり数十万ドルに及ぶ機器を製造するようになった。

 中国がハイエンド製品を生産するようになったのは必然的な流れだ。中国の労働力コストは北米よりは低いが、現在急速に上昇している。付加価値の高い製品を生産することで、インフレを効果的に抑制し、巨大な製造業部門の競争上の優位を維持することが可能になった。より精密な製品を生産すれば、従業員と企業の収入が増加し、中国が「輸出よりも内需拡大で経済を牽引する」という長期的な目標を達成する上でプラスになる。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古