2011年7月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:13 Jul 29 2011

高速列車追突事故、外国メディアが「中国叩き」 (2)

 ◆真の狙いは中国叩き

 私募に詳しい孫偉強氏は、西側諸国の上述した「批判」の背後には、明らかな利益目的が存在すると指摘した。「ドイツの高速鉄道、米国ボーイング、欧州エアバスでも重大事故が生じているが、今回の中国高速鉄道事故はとりわけ世界的な注目を集めている。また今回の事故は高速鉄道ではなく”動車”(時速200〜250キロで走行する在来線の高速列車。国際基準では、営業最高速度が250キロを超えると高速鉄道と定義される)で生じたが、西側メディアは高速鉄道の一点張りだ」。

 同氏はまた、「真の目的は、中国叩きにより高速鉄道の輸出を牽制することにあるのかもしれない。実際、中国の高速鉄道には優秀な点も存在する。軌道スラブ、鉄道橋、機体、コントロール等のシステムは、世界的にも高い水準に達している」と続けた。

 中国高速鉄道の、世界レール交通建設市場におけるシェアが、年々高まりつつある。中国南車の年次報告によると、同社の2008年-2010年の世界市場における営業収入は年平均51%増となり、2010年の営業収入は44億8600万元(約5600億円)に達し、世界全体の7.22%を占めた。中国南車は現在、サウジアラビアのメッカ巡礼用地下鉄、タイのBTS地下鉄、香港の地下鉄、イランのマシャド高架鉄道等の5つのプロジェクトに関して、試作を完了している。中国鉄道省が公開したデータによると、2010年末現在、中国の鉄道関連企業が海外で請け負った鉄道工事契約金額は260億ドル(約2兆700億円)に達した。鉄道技術設備は、アジア、アフリカ、オセアニア、アメリカ大陸の30を超える国と地域に輸出されている。これらの成績は多くの鉄道先進国を上回るものだ。

 孫偉強氏は、「中国の高速鉄道は豊富な資金力を持っている。日増しに高まる中国の金融面の実力もまた、高速鉄道の輸出を力強く下支えしている。米国カリフォルニア州の高速鉄道工事に関して言えば、中国高速鉄道のコスト優勢がないがしろにされた場合、独・仏・日・韓等の競争相手は同プロジェクトに対して巨額の資金を融資できなければ、契約締結が困難となる」と指摘した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年7月29日

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古