2011年7月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:22 Jul 29 2011

ケンタッキー、「豆乳粉」で豆乳を販売

 「ケンタッキーの豆乳は偽物だ」とするミニブログのメッセージが28日、約3万回転送された。同メッセージはまた、「豆乳粉」と書かれた5つのダンボール箱とその他の原材料が積まれている、広東省のケンタッキーの店外を写した写真を掲載した。ネットユーザーはケンタッキーに騙されたとしてこぞって書き込みをし、「朝の屋台で売っている豆乳だってしっかり煮ているのに、ケンタッキーのあれほど高い豆乳は即席だったのか?」 と非難した。京華時報が報じた。

 「ケンタッキー豆乳粉」というキーワードで検索をかけると、ケンタッキーに供給していると称する480グラムの豆乳粉に、15元(約185円)の売値がつけられていた。豆乳粉を水で割る比率で計算すると、豆乳1杯当たりのコストは約0.7元(約8.5円)であった。ケンタッキー東直門店を訪れると、ホット豆乳は1杯5.5元(68円)、アイス豆乳は6.5元(約80円)だった。同店の店員は、ケンタッキーの豆乳が豆乳粉に水を加えたものであると認めた。

 本紙はミニブログの写真で紹介されていた豆乳粉の生産メーカーをたずねた。同社の販売部の関係者は、「ケンタッキーの親会社ヤム・ブランズと提携関係にあり、北京地域のケンタッキーに豆乳粉を供給している。ヤム・ブランズは毎年、トン計算で豆乳粉を仕入れている」と明かした。

 ケンタッキー北京分公司公共事業部は、「北京市の大半のケンタッキーが提供している”醇豆乳”は、濃縮豆乳の調合により作られている。その他の地域の”醇豆乳” は豆乳粉により作られており、当社は同製品を”その場で手作り”と宣伝したことはない。豆乳粉は大豆を粉末状にしたもので、いかなる添加剤も含まれず、かつ輸送の際に冷蔵する必要がなく、微生物の影響を受けにくい。”醇豆乳” の風味は、全国の消費者から好評を博している。サプライヤーが明かした原材料価格については調査が間に合っていないが、当社は科学的に製品価格を設定している」と回答した。

 同豆乳粉の生産メーカーの販売部関係者は、「豆乳粉は確かに大豆を粉末状にしたものだが、製品の腐敗を防ぐため、国家基準を満たす添加剤を使用している」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2011年7月29日

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古