2011年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:29 Aug 02 2011

日産、中国での新ブランド「ヴェヌーシア」からEV発売へ

 日産自動車は先週、中国の合弁会社・東風汽車有限公司の新中期経営計画を発表した。日産のゴーン社長は記者会見において、東風日産の自主ブランド「ヴェヌーシア(啓辰)」から電動自動車(EV)を生産・発売することを明確に表明した。これは、日産「リーフ」の輸入、現地生産の計画が頓挫したことを意味する。ヴェヌーシアが純電気自動車を打ち出すというニュースは、ルノーやインフィニティの国産化情報に注目していたメディアにとって「意外な収穫」となった。新中期経営計画によると、ヴェヌーシアは2015年までにEVを含む5車種を投入し、年間約30万台の販売を目指すという。新京報が伝えた。

 ▽補助金獲得でEVの価格を低下

 ゴーン社長は記者会見において、「計画ではリーフを日本から輸入して試験走行を実施するはずだったが、輸入車の場合中国政府からの補助金が得られない。このため、日産のEV戦略はヴェヌーシアに託されることとなった」としている。

 日産は2年以上前、中国でのEV普及計画として以下のように定めた。

 ▽2010年:前期準備期間。主にEVの生産に向けた準備を行う。

 ▽2011年:輸入・開発段階、武漢などを試行都市とし、25台のEVを提供してモデル走行を実施、輸入販売を行う。

 ▽2013年:中国国内での生産を実現。CKD生産がメイン。

 ▽2015年:生産を本格化し、年間約5万台の販売を目指す。

 日産がEV事業をヴェヌーシアに託したのは、中国政府からの補助金を得て、価格を下げるための作戦と見て間違いないだろう。

 ヴェヌーシアは東風日産の自主ブランドであり、同ブランドから中国で生産したEVを打ち出せば、国内で製造した車として補助金の対象となる。現在、個人の純電気自動車購入に対する補助金は1台あたり6万元(約72万円)であり、現地政府からの補助金も加えればその額はさらに増える。

 ▽ヴェヌーシアのEV、リーフとは異なる

 業界関係者が知りたい点は、ヴェヌーシアから発売されるEVは、リーフと同じなのかどうかだ。

 これについて、日産中国の公報担当者・沈莉氏は「将来中国で現地生産されるEVはリーフとは異なる」と述べる。同氏によると、今年は武漢でリーフの試験走行が始動し、中国の消費者がEVを使用する際の習慣などのデータが集められる。これらの情報は日産本部にフィードバックされ、将来ヴェヌーシアのEV開発に向け、参考とされるという。(編集SN)

 「人民網日本語版」2011年8月2日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古