2011年8月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Aug 04 2011

ハイアールが三洋買収、白物家電の主導権は中国に (2)

 羅清啓氏は次のように見ている。今回の買収は日本の家電企業が巨大な戦略的圧力に直面することを示す。ある見方をすれば、産業の競争の背後にあるのは各国の通貨の競争である。日本は世界の金融システムにおいて通貨価値決定権がなく、それが家電産業の競争力に影響する不確定要素となる。世界金融危機の後、日本円の対米ドルレートは40%以上上昇している。これが日本の電子製品の輸出に非常に大きな影響を及ぼし、家電業の総合的競争力も大きく低下させた。三洋電機の一部の白物家電の売却は、まさに円高の中で行われた。

 また羅清啓氏は、「世界的なインフレは今後も長期的に続くだろう。世界的規模のコストの優位性がなく、ヨーロッパ、日本、北アメリカなどコストの高い3地域では、伝統的な白物家電ブランドがコストを抑制できない状態になっている。このコストの高い3地域で、白物家電事業を売却する企業は増えると見られる。先進国の政府による売却行為への介入は世界的な白物家電事業の再編を遅らせるが、阻止することはできない。ハイアールをはじめとする中国の白物家電企業は世界での市場シェアを急速に伸ばしており、それに伴い、世界の白物家電産業の主導権も移っている」と語った。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2011年8月4日

[1] [2]

関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古