2011年8月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:05 Aug 04 2011

中部地域唯一の保税区が検査合格

 中部地域で唯一の保税区となる鄭州新鄭総合保税区(河南省)が3日、税関総署や国家発展改革委員会など10部門で構成された国家連合引き取り検査チームによる引き取り検査に合格し、正式にプレートを掲げることになった。

 同保税区は国務院が承認した13番目の総合保税区であり、中部地域唯一の総合保税区でもある。総計画面積は5.073平方キロメートル。保税加工エリア、保税物流エリア、税関作業エリア、総合サービスエリアという4つの機能エリアからなり、保税加工、現代型物流、サービス貿易、保税の研究開発、モニタリング・メンテナンス、保税関連の展示、特色ある金融といった産業の発展を重点に据える予定だ。今回検査の対象となったのは第一期エリアで、面積は2.49平方キロメートルに上る。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年8月4日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古