2011年8月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:10 Aug 08 2011

国際社会、米国債格付けの引き下げに注目

 格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)はアメリカ時間5日夜、アメリカ国債の長期信用格付けを最上級のトリプルA(AAA)からダブルAプラス(AA+)に1段階引き下げたと発表した。アメリカ国債が最上級の格付けから下がったのは、史上初のことで、国際社会の注目を集めている。

 インドのムカジー財務相は6日、「アメリカ国債の格下げによってもたらされる影響は厳しいものだ。インドはこれに対して慎重に判断する」との考えを示した。

 イギリスのケーブル・ビジネス・イノベーション大臣は「アメリカ国債の格下げは想定内のことだ。財務上限引き上げ法案が可決されたので、アメリカは今は安全だと言える」と述べた。

 S&Pによる格下げの発表は金曜日、アメリカの株式市場が終了した後のことで、市場への影響は月曜日に出てくると思われる。短期的には、アメリカ国債の格下げは借入コストを上昇させる恐れがあるほか、金融機構や上場企業のコストと予算の上昇をもたらすと共に、直接的には、金融商品価格にも影響を与えるだろうと見られている。

 「中国国際放送局 日本語部」より2011年8月8日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古