2011年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:48 Aug 09 2011

ケンタッキー商品の衛生に不安 ケンタッキーが反駁

 あるメディアが8日、「厨房が見えないケンタッキー商品の衛生状態に不安、海外ファーストフードは監督管理が不十分で問題が潜む」とする記事を発表し、ケンタッキーには食品の安全・衛生をめぐるさまざまな問題があると指摘した。これについてケンタッキー側は声明を発表し、いくつかの点について報道に反駁した。「この記事には事実がはっきりしない部分が多くあり、偏った見方をするものであり、消費者を誤解させる」とし、「ケンタッキーに対する取材や確認をまったく行わないという行為に、遺憾の意を表明する」としている。また「すべての関連の聞き取りや調査に積極的に協力したい」としている。「環球時報」が伝えた。

 △調理油:基準に満たなければ即廃棄

 同記事は以前ケンタッキーで働いていた人の次のような話を紹介した。ケンタッキーの店舗後ろ側にある厨房(バックヤード)では鶏肉を揚げる油は4日に一度取り替えることになっており、この間は夜になると使用した油をこして次の日の使用に備える。国の関連部門の規定では、食用油はpH試験紙で食用油の酸化値と酸価などの指標を測定し、使用可能な基準の範囲内であるかどうかをみなければならないが、ケンタッキーはこうした測定を行っていない。

 これについてケンタッキー側は、同社には厳格な食用油の管理規定があるとする。毎日、油に含まれる食品のカスをこしており、食品カスによる油の質への影響を減らしている。また専用の試験紙を使って油の化学成分の変化を監督管理し、指標の限度値に近づいた油はただちに廃棄するなどして、食用油が国の「食用植物油の調理過程における衛生基準」に完全に合致することを確保している。

 △原料:入店前に完全な清潔状態に

 同記事はケンタッキーのトリ肉を洗う過程に重大な衛生問題があるといい、解凍室から運ばれた冷凍のトリ肉は一度水にさらすだけで、中には血を取り除かれないで小麦粉にまぶされるものもあるとしている。また肉を洗う水は濁るまで換えられないという。

 これについてケンタッキー側は、店舗に運ばれる原料のトリ肉はすべて完全に清潔な状態で、すぐに調理できる加工待ちの状態になっていると説明する。店舗での調理の流れは、解凍、水にさらす、塩をまぶす、冷蔵する、小麦粉をまぶす、加熱調理する、というもので、トリ肉を洗うという手順は元もと存在しないという。

[1] [2]

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古