2011年8月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:16 Aug 11 2011

中国産のアニメ映画、どうしたら米日に対抗できるのか?

アニメ映画「賽爾号」のポスター

 いつの頃からだろうか、中国のアニメ映画にはおかしな法則が見られるようになった。ある程度の期間をおいて中国のアニメ映画が公開されるたび、「欧米や日本のアニメと対抗できる」などと大々的に宣伝されるが、公開後は全く噂を聞かなくなる、というものだ。

 今年7月にも「魁拔(KUIBA)」、「兎侠伝奇」、「蔵ゴウ多吉((チベット犬物語))」、「賽爾号」という4本のアニメ映画が公開されたが、これまでの統計では、公開されたばかりの「賽爾号」の興行成績が比較的良いのを除き、「アニメ映画の再起」が期待されたその他の3本はいずれも予想外の落ち込みを見せている。「人民日報」海外版が伝えた。

 ▽残酷な現実 評判≠興行成績

 データによると「魁拔」は7月11日に公開され、公開初週の興行収入はわずか265万元だった。制作費に3500万、宣伝費に2000万元、計5500万元を投じたとされるこの映画は「普通の赤字ではなく、大赤字」となってしまった。同日に公開された「兎侠伝奇」も、7月末現在の興行収入は1500万元。この映画の制作費は1億元を上回る。7月15日に公開された「蔵ゴウ多吉」にいたっては、公開初週の興行収入が100万元。この映画の制作費は6000万元だ。上記3本の映画の興行収入を合わせても2000万に満たない。一方、中国大陸部における「カンフー・パンダ2」の興行収入はすでに5億9700万元に達している。

 「魁拔」の配給会社は「我々は様々な努力をしてきた。全国的な試写会も行い、日本語版の吹き替えを担当する日本の有名声優を中国に招いて宣伝も行った。一部のテレビチャンネルでも大々的に宣伝したのに、まさかこんな結果になるとは」と落胆を隠せない。同じように「蔵ゴウ多吉」広報担当の劉さんも、「この映画は何年もかけて製作された良作。でも国産のアニメ映画はいつもこうで、いい映画なのに人気が出ない。観客が国産アニメ映画を信頼していない」と語る。

 「魁拔」を見たある親子は「思いがけず面白かった。でも、この映画のことはこれまでほとんど聞いたことがなかった」と語る。息子と一緒に「兎侠伝奇」を見たという保護者は「ストーリーも面白く、3D技術もしっかりしていた。これまでの国産3D映画よりも面白い」と述べる。映画評論サイトでも「魁拔」「兎侠伝奇」「蔵ゴウ多吉」の評価はいずれも高いという。

 技術もあり、評判も良い国産アニメ映画を、なぜ誰も見ないのだろうか?ある専門家は、「映画は評判が良ければ万事よしというわけではない。映画の品質、観衆の評価、宣伝などは、どれ1つとして欠かせない要素だ」と指摘する。

[1] [2]

アニメ映画「魁拔(KUIBA)」
関連記事
  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古