2011年8月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:24 Aug 11 2011

中国十大ブランド都市が発表 青島・深センなど

 第5回中国ブランド節で10日、2011年度の「中国十大ブランド都市」が発表された。青島、深セン、蘇州、大連、泉州、西安、無錫、長沙、仏山の9市と北京市東城区が選ばれた。中国新聞網が伝えた。

 十大ブランド都市は、ブランドの集積状況、都市ブランドの影響力、都市ブランドのイノベーション力、ブランド投資と生活環境などさまざな指標を参考にしつつ、都市ブランドの専門家、経済学の専門家、企業家、メディアのリーダーなど関連各方面の人材からなる専門家評価審査チームが選出を行った。

 ブランド都市の総合ランキングが作成されたのは今年で3回目。対象は副省級都市、計画単列市、地級市、直轄市の行政区で、特に優れた県級市には特別賞が授与された。選出に際してはインターネット投票やショートメッセージでの投票も行われ、得点配分はネット投票が15%、ショートメッセージ投票が35%、専門家による評価が50%だった。

 無錫は2009年に初めて選出され、3回連続で選出されている。仏山は広東省のブランド製品248点を擁するとして、今回初めて選出され、同省の地級市ランキングで1位になった。また馳名商標56県、広東省著名商標324件を擁することから、同省の地級以上の都市のランキングで2位になり、ランキングの主催者側から実益と名誉を兼ね備えた都市と評価された。

 第5回中国ブランド節のテーマは「真心とイノベーション」。基調講演、サミット対話、各賞の受賞式典、企業家サロン、ブランド体験、ブランドの旅とったさまざまな形式で、2011年の中国経済の注目点を全面的に取り上げ、第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)期間の中国ブランドのイノベーション・発展の道を深く探り、国のブランド戦略のイメージを体現する場となった。(編集KS)

 「人民網日本語版」2011年8月11日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古