2011年8月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:31 Aug 15 2011

世界銀行、「世界経済の重点は発展途上国へ」

 オーストラリアを訪問中の世界銀行のゼーリック総裁は13日に、「現在世界ではグローバル金融システムが再確立され、経済の重点が中国、インド、ブラジル、東南アジアなどの発展途上国と地区へ移っている」と述べた。

 ゼーリック総裁はこの日のインタビューに答え、「金融危機以降、新興経済体の経済は順調に成長している。一方、先進国の経済回復状況はあまり良くない。欧州の債務危機により、世界経済はさらなる危険な段階に入っており、見通しはいっそう不確定になっている。また、アメリカの経済問題に比べ、欧州経済問題はより深刻である」と指摘した。

 このほか世界経済の現状について、ゼーリック総裁は、「金融危機の時とは異なり、2009年のような突発的な危機が発生する可能性は小さい」との見方を示した。

 「中国国際放送局 日本語部」より 2011年8月15日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古