2011年8月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:24 Aug 16 2011

トヨタ自動車の中国法人がカローラ3万台余りをリコール、エンストの恐れ

 国家品質監督検査検疫総局は15日、天津一汽トヨタ自動車有限公司が2010年10月23日から2011年1月29日までに生産したカローラEX3万3809台を16日からリコールすることを明らかにした。北京晨報が伝えた。

 エンジンのコンピュータのケースの静電気保護性能に問題があり、静電気を帯びてコンピュータ本体が正常に作動しなくなり、エンジンがかからなかったり、極端な状況下ではエンストする恐れがある。このためケースと車体の間にワイヤー・ハーネスを入れて静電気発生の危険性を取り除く。オーナーは最寄りの同社サービス店で点検修理を受けるか、トヨタ自動車顧客サービスセンター(無料電話:800-810-1210)、国家品質監督検査検疫総局欠陥製品管理センターのウェブサイト(www.dpac.gov.cn)、中国自動車リコールネット(www.qiche365.org.cn)などで詳しい情報を得ることができる。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年8月16日

  評 論      プレスリリース配信
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古